タイ国内の電気自動車、14年後に1500万台へ目指す

タイ国内の電気自動車、14年後に1500万台へ目指す

詳細

  タナコン政府報道官は11月1日、タイ政府は国内の電気自動車の台数を2035年までに1500万台に増やすことを目指していると発表しました。プラユット首相は英国グラスゴーで開催される「国連気候変動枠組条約第26回締約国会議」(COP26)でこの電気自動車利用促進計画を発表する予定です。

  また、タイ政府は自然の力を利用して環境問題などを解決する試みの一環として来年末までに約1億本の樹木を全国に植えることを計画しています。

2021-11-02 19:26:00

Relate news

財務相 電気自動車の税率引き下げ

アーコム財務相は12月16日、ASEAN地域における自動車生産ハブというタイのポジションを維持するため、タイ政府は国内自動車メーカーに対し、5年間の価格補助と税優遇措置を条件として、「電気自動車の価格引き下げ」及び「3年以内に国内市場向けと輸出市場向けの電気自動車生産開始」を求める方針であることを明らかにしました。

Other news

バンコク都知事、全レストランにアルコール提供許可の提案を拒否

11月1日のタイ再開国に合わせて、バンコク都ではタイ国政府観光庁の「SHA」基準に合格しているレストランのみ、21時までに...

アイドルが働く「サイアムドルカフェ」、今日からオープン

タイが再開国する11月1日、バンコクのドンキモール・トンロー3階に、タイ初のアイドルをテーマしたカフェ「サイアムドルカ...

プラユット首相、タイ入国制限緩和後の感染状況を注視するよう指示

11月1日から入国制限が緩和され、大勢の外国人観光客がタイにやって来ると予想されることから、プラユット首相は、国内の...

タイで今日からワクチン接種済み外国人観光客受け入れ再開

タイ政府は、新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた経済の立て直しを目指して、日本を含む63の国と地域からの旅行者を対...

バンコクで11月1日より特定飲食店での酒類販売許可

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は10月30日、タイ国内の新型コロナウイルス危険区域のゾーン分けの変更を行...

ランプーン県で着陸する飛行機にはねられた男性が死亡

10月28日夜、タイ北部ランプーン県の民間空港の滑走路で運動していた51歳の男性が、着陸してきた小型飛行機にはねられて死...

YGエンターテインメント、リサがプーケットでのイベントに参加できないと表明

韓国のYGエンターテインメントは10月28日、所属するBLACKPINKリサは、プーケットでのカウントダウンイベントに参加できな...

チェンマイの感染拡大は深刻、集中治療室はほぼ満床

チェンマイ大学医学部長のバンナキット博士は10月28日の声明で、チェンマイ県での新型コロナウイルスの感染拡大の状況は深...

DESTINATION

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ている人気の観光スポット

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

タイ語講座

コームーヤーン
คอหมูย่าง コー ムー ヤーン

祝日

ページトップへ