ピピ島に取り残された1000匹以上の猫たち、餌不足で寄付求む

ピピ島に取り残された1000匹以上の猫たち、餌不足で寄付求む

詳細

  毎日溢れるほどの人で賑わったタイ南部クラビ県のピピ島は、新型コロナウイルスの影響で、現在人が少なくなっている状態です。

  少ない人とは対称的に、ピピ島であちこちで見かけるに1000匹以上の猫たち。その飼い主はピピ島で働いていた人たちです。新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなった人たちは「すぐに戻れるだろう」と猫を置いて、一旦故郷へと戻ったそうです。しかし状況は改善せず、一部の人は猫を迎えにきたそうですが、多くの猫が現在も取り残されたままです。

  以前はお腹をすかしていた猫たちも、現在はボランティアにより餌を与えられて元気に過ごしているそうです。

  しかしキャットフードを購入するにもお金がかかるため、Facebookページ「แมวติดเกาะ พีพี Phi Phi Island’s cats」では、猫を救うための寄付の受付が行われています。

  「แมวติดเกาะ พีพี Phi Phi Island’s cats」のFacebookページはこちら https://www.facebook.com/แมวติดเกาะ-พีพี-Phi-Phi-Islands-cats-102465705131470

2021-09-03 17:02:23

Relate news

口約通り猫を見つけた人に30万バーツの報奨金を渡す

先日、報奨金をかけられていた迷子猫(ノンマニー)が見つかりました。見つけたのは飼い主が住んでいるビレッジの警備員で、飼い主から直接30万バーツ(約113万円)の報奨金が渡されました。

ピピ島・マヤビーチ、来年の1月に観光客の受け入れ再開

タイ南部クラビ県のピピ・レイ島にあるマヤビーチは、環境回復を目指しては2018年から閉鎖されていますが、2022年1月に観光客の受け入れを再開する予定です。

クラビ県・ピピ島の閉鎖期間を9月24日まで延長

タイ南部のリゾートアイランド・ピピ島では、新型コロナウイルスのクラスターが発生したことで、9月11日から18日まで移動制限を行い、一般の旅行者の受け入れを中止しています。

失踪したホテルの総支配人の遺体を発見

ピピ島で9月11日から行方不明になっていたオーストリア人男性(56歳)の遺体が発見されました。

ピピ島のホテルの総支配人が行方不明

タイ南部ピピ島の高級リゾートホテル「ジボラ・リゾート(Zeavola Resort)」の総支配人であるオーストラリア人の「フローリアン・ハラーマン(Florian Hallermann)」氏(56歳)が、9月11日から行方不明になっています。現在9月14日、50人ほどが捜索に参加しているとのことです。

タイ国政府観光庁がプーケット・サンドボックス「7+7モデル」を提案

新型コロナウイルスワクチン接種済みの旅行者を隔離なしで受け入れる「サンドボックス」を7月1日から開始したプーケット県。これまで2万人以上が「サンドボックス」を利用してプーケットを訪れ、9月末までにSHA(Safety and Health Administration)プラス証明書を取得したホテルでは、371,826室の予約がされています。

Other news

プラユット首相が改造と解散の可能性を否定

9月2日に行われた不信任案審議で、プラユット首相は「2023年まで現職にとどまって任期を全うする」と述べ、一部で噂されて...

バンコクで反政府デモ、9月3日と4日

在タイ日本国大使館によると、9月3日と4日にバンコクにて、反政府グループ等による政治集会が行われます。3日は16時からラ...

ゴールド強盗は現職警察官、フードパンダのユニフォームはカモフラージュ

9月1日にナコンラチャシマ県で発生した、強盗事件の容疑者が逮捕されました。容疑者は現職の警察官でした。

ボッチャ 混合個人BC2、タイ代表ワッチャラポン・ウォンサ選手が銀メダル獲得

ボッチャ競技個人BC2、タイ代表ワッチャラポン・ウォンサー選手(30歳)が、見事銀メダルを獲得しました。

バンコク・BTSアソーク駅前で反政府デモ、9月2日16時頃から

在タイ日本国大使館によると、9月2日16時頃から20時頃まで、バンコクのBTSアソーク駅前で反政府デモが実施される予定です...

「ホアヒン・リチャージ」10月1日からの開放準備を開始

タイ王室の保養地として知られるプラチュワップキーリーカン県のビーチリゾート・ホアヒンは、10月1日からのワクチン接種...

フードパンダの男がゴールド店を襲う、発砲で1人負傷

新型コロナウイルス対策の制限が緩和され、ショッピングセンターが再開した初日の事件です。ナコーンパトム県パクチョンの...

タイ東部チョンブリー県で、ダチョウが幹線道路疾走

タイ東部チョンブリー県で9月1日、体高約2メートル、体重約100キロのダチョウが幹線道路を走り回る騒ぎがありました。

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

ワット・バーンクン

ワット・バーンクン

タークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

タイ語講座

さようなら
ลาก่อน ラーゴーン

祝日

ページトップへ