詳細

タイは2021年10月までに国の開放を目指す

詳細

  新型コロナウイルス感染症対策センターのアシスタント・スポークスマンによると、タイは2021年10月までに世界への扉を開くこと(多くの外国人旅行者を受け入れること)を望んでいます。

  この発表についてアシスタント・スポークスマンは、あくまで目標であり、決定事項ではないと述べています。 国の開放が決定の場合は、準備期間が必要な観光業界を考慮して、時間に余裕をもって発表されるとのことです。

  さらに開放の可否は、他国の状況や、ワクチンの状況、航空会社の安全対策の状況にも左右されると言います。また危険度の高い国は、再開の対象外となる可能性もあります。実際に先日発表された4月からの隔離期間短縮は、アフリカ大陸で複数のウイルスの亜種が出現しているため、アフリカからの旅行者は対象外となっています。

  なお10月までに完全に再開されなくても、タイのハイシーズンに合わせて、より広い範囲で再開される可能性があるとのことです。この件は、3月15日に行われる新型コロナウイルス感染症対策センターとのいくつかの会議で熟考されます。また3月16日と3月18日には、内閣との会議も行われます。

 

2021-03-11 21:38:55

Other news

バンコク隣県の運河で体長3メートルのワニを捕獲

バンコクに隣接するサムットプラカーン県で3月8日、体長約3メートルのワニが捕獲されました。関係筋によれば、地元民がま...

タイの首相、報道陣に消毒液噴射

タイのプラユット首相が3月9日、定例閣議後の記者会見で、報道陣に向けて新型コロナウイルス対策用のアルコール消毒液を噴...

起訴された反政府勢力18人中3人の保釈請求が却下

去年の9月19日と今年の3月20日にバンコク都内の国立タマサート大学とサナムルアン(王宮前広場)で行われた反政府活動に関...

タイ入国後の隔離期間14日間の短縮を政府に提言へ

アヌティン保健相は3月8日、観光を促進し経済の回復を早めるため、新型コロナ対策として帰国者・入国者に課せられている隔...

タイで新型コロナワクチン接種が開始、1週間で2.5万人

タイ保健省によると、タイで新型コロナワクチンの接種を受けた人は接種を開始した2月28日から3月6日までの1週間で2万5764...

パタヤでイカ釣り、クレカや免許証が大漁

パタヤでイカ釣りをしていた32歳のソムポンさんは3月7日午前3時頃、イカでなくバッグを釣り上げ、その中にたくさんのIDカ...

警察官1人の陽性確認、バンコクの警察署が一時閉鎖

警察官1人の新型コロナウイルス陽性が確認され、所属するバンコクのウォントーンラーン警察署が一時閉鎖となりました。

タイで新型コロナワクチン接種された医師に強い副反応

新型コロナウイルス感染症対策センターのタウィシン広報担当は3月3日、「子供の時にペニシリンにアレルギー反応を起こした...

タイ語講座
猿(さる)
ลิง ling
祝日
ページトップへ