起訴された反政府勢力18人中3人の保釈請求が却下

起訴された反政府勢力18人中3人の保釈請求が却下

詳細

  去年の9月19日と今年の3月20日にバンコク都内の国立タマサート大学とサナムルアン(王宮前広場)で行われた反政府活動に関連して捕らえられ、起訴された反政府勢力18人について、刑事裁判所は3人の保釈請求を却下しました。他の15人は保証金1人当たり35万バーツで保釈されました。

  検察によれば、18人の容疑は11にのぼりますが、保釈されなかった3人は不敬罪にも問われる見通しということです。

2021-03-09 20:01:04
Comment
Add Comment

コメント情報なし

Relate news

反政府デモ参加者の男性が胸を撃たれた

バンコクで11月14日17時12分頃、反政府勢力幹部3人が王制改革などを訴えたことを違憲と憲法裁判所が判断したことに抗議するため行われたデモが、場所を移動しながら街頭デモを行っていたところ、警察病院近くでデモ参加者の1人の男性が何者かに胸部を撃たれて負傷しました。

裁判所が反政府勢力4人の保釈を許可

タイの控訴裁判所は9月15日、反政府デモに関連して逮捕され、約1カ月以上にわたって拘束されている反政府勢力の幹部4人の保釈を許可しました。これら幹部は8月2日に行われた反政府デモを主導したなどの容疑で逮捕されたもので、また、保釈請求はこれまで7回却下され、8回目でようやく認められました。

裁判所が反政府デモ幹部の逮捕状請求を却下

警察は先にバンコク都内アソーク交差点で反政府勢力が行った反政府デモに参加するよう市民に呼びかけたとされる2人の逮捕状を請求していましたが、バンコク南地方裁判所は9月8日、この請求を却下しました。

プラユット首相・閣僚不信任案審議が今日開始

タイ議会で8月31日、野党が提出した、プラユット首相などの不信任案に関する審議が開始される予定です。野党側は、4日間に及ぶ審議の中で新型コロナワクチンの配分やコロナ禍による景気低迷に関連して政府に失策があったとして厳しく責任を追及する構えを示しています。現政権の閣僚の不信任案が提出されて議会で審議が行われるのは今回で3回目となります。

反政府デモ現場で頭部を撃たれた少年 いまだ意識不明

バンコク都内で先に反政府勢力が反政府デモを行った際に何者かに頭部を撃たれて重傷を負った15歳の少年(当初の報道では20歳)はラチャウィティ病院で治療を受けていますが、8月19日時点でいまだに意識が回復していません。病院の説明によれば、少年は人工呼吸器を装着した状態で治療を受けていますが、昏睡状態が続いているという。

恋人メッタ刺し殺人のタイ人俳優、保釈請求が却下

テレビドラマなどに出演していた人気俳優のタナパット容疑者(21歳)がつきあっていた女性(25歳)を殺害した容疑で逮捕された事件で、控訴裁判所はこのほど、同容疑者の弁護士から提出されていた保釈請求を却下しました。事件現場はバンコク都内の住宅で、容疑者は逃走することなく、現場に駆けつけた警察官に逮捕されました。

バンコク都の規制緩和発表、即日CCSAが却下し延期決定

バンコク都は2021年5月31日、新型コロナウイルス対策で閉鎖されている5種類の事業を6月1日より再開させる規制緩和を発表しましたが、すぐにタイ政府により却下されました。

控訴裁、不敬罪で逮捕された4人の反政府勢力の保釈請求却下

反政府勢力が昨年9月に不敬容疑で捕らえられた同勢力幹部4人の釈放を繰り返し要求していますが、控訴裁判所(日本の高等裁判所に該当)は2月15日、これら4人の保釈請求を却下しました。同裁判所によれば、4人は不敬という重い罪に問われていることから保釈は認められないということです。

Other news

タイ入国後の隔離期間14日間の短縮を政府に提言へ

アヌティン保健相は3月8日、観光を促進し経済の回復を早めるため、新型コロナ対策として帰国者・入国者に課せられている隔...

タイで新型コロナワクチン接種が開始、1週間で2.5万人

タイ保健省によると、タイで新型コロナワクチンの接種を受けた人は接種を開始した2月28日から3月6日までの1週間で2万5764...

パタヤでイカ釣り、クレカや免許証が大漁

パタヤでイカ釣りをしていた32歳のソムポンさんは3月7日午前3時頃、イカでなくバッグを釣り上げ、その中にたくさんのIDカ...

警察官1人の陽性確認、バンコクの警察署が一時閉鎖

警察官1人の新型コロナウイルス陽性が確認され、所属するバンコクのウォントーンラーン警察署が一時閉鎖となりました。

タイで新型コロナワクチン接種された医師に強い副反応

新型コロナウイルス感染症対策センターのタウィシン広報担当は3月3日、「子供の時にペニシリンにアレルギー反応を起こした...

タイ文化省は今年のソンクラーン開催を支援

タイ文化省イッティポン・クンプリーム大臣は3月3日、4月に行われる水かけ祭り「ソンクラーン」の伝統的・文化的な活動を...

サイアムエアの幹部を逮捕、150人のスタッフに賃金未払い

タイ警察は2021年3月3日、タイの航空会社サイアムエアの幹部「 チャウエンサック・ノイピラサーン」(38歳)をサムットソ...

チェンマイ県でVIPに優先的にワクチン接種

タイ北部チェンマイ県で新型コロナワクチンが上級国民(VIP)に優先的に接種されているとの噂が流れています。しかし、プ...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

ワット・バーンクン

ワット・バーンクン

タークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ている人気の観光スポット

タイ語講座

ありがとうございます
ขอบคุณ コーックン

祝日

ページトップへ