アジアティーク・ザ・リバー・フロント

アジアティーク・ザ・リバー・フロント

一般情報

アジアティーク・ザ・リバー・フロントは、チャオプラヤー川沿いにある夕方からのみ営業しているナイトマーケットです。
以前は貨物のウエアハウス(倉庫)だったという敷地を活用した巨大なマーケットは2012年のオープン以来、大盛況を続けています。
ここの広さは東京ドーム約2.5個分の広さで4つの地区に分かれ、広大な敷地内には、総数約1,500もの店舗とレストラン約40店舗があります。

ウォーターフロント地区は、土産物、装飾品、アクセサリーなど約1,000店舗が並んでいます。
ショッピングやお食事だけでなく、エンターテイメント施設も充実しています。
キャバレーシアターショー 「Calypso(カリプソ)」やタイの浄瑠璃劇場「ジョー・ルイス・シアター」もあります。

タウン・スクエア地区は、東洋と西洋スタイルのレストランやビヤホール、イベント広場からなるエリアです。

ファクトリー地区は、かつての木材工場を修復した巨大な建物の中に、500店舗からなるファッション・エリアです。

ウォーターフロント地区は、ワインバーや高級レストランが連なるエリアです。
お食事の後は川沿いの300mを超える遊歩道でのんびりと散策しながら、水の都の雰囲気をお楽しみいただけます。
川面をうっすらと赤く染めるサンセットの時間帯(17:00~18:30頃)の散策が、特にお薦めです。

ここは、女子旅やご家族、グループ、一人旅でも楽しめるスポットです。特にデートスポットとしてはおすすめです。
引っ手繰りやスリがあるかもしれないので、カバンを前にするようにしてください。ウエストバックはオススメです。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

16:00~00:00  (無休)

アクセス

BTSサパーンタクシン駅で下車後、タクシーに乗り換えチャルンクルン通りを南に約2km進むと右手に「Asiatique The Riverfront」の看板がみえてきます。

住所 / 地図

住所

2194 Charoen Krung Rd, Wat Phraya Krai, Bang Kho Laem, Bangkok 10120

13.7044191, 100.5032671

Nearby attractions

ワット・プラケオ(エメラルド寺院)

ワット・プラケオ(エメラルド寺院)

1782年、ラーマ1世が現在の王朝であるチャクリー王朝を開いたときに護国寺として建てた、タイで最も格式の高い王室寺院

()
no image

タイ王室紋章・貨幣博物館

王宮観光に来た外国人団体客がよく訪れているユニークな博物館

()
no image

サーン・ラック・ムアン (バンコク都の柱神社)

王宮前広場の向かいにある、バンコク都の守護神を祭るための柱

()
no image

ワット・テープティダラーム

1839年ラーマ3の命により1839年に建立された第3級王室寺院

()
no image

クイーン・シリキット・テキスタイル博物館

2012年にオープンしたタイ王宮内にある博物館

()
ワット・サケット

ワット・サケット

14世紀~18世紀のアユタヤ王朝時代からある古い寺院

()
no image

サーン・チョオポー・スア(玄天上帝廟)

もっとも信仰心を集める道教寺院の一つ

()
no image

国立美術館

サナム・ルアン北側の大通りをはさんで向かい側にある美術館

()
no image

バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター

現代美術・文化振興を目的に設立された美術館

()
ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

()
ジムトンプソンの家

ジムトンプソンの家

タイシルクの代表格となった最高級の有名ブランドで、バンコク、パタヤ、プーケットなどに多数の店舗を展開している博物館

()
no image

ワット・ラカン(ワット・ラカンコシターラーム)

歴史は古く、アユタヤ時代に創建された寺院

()

タイ語講座

地下鉄(MRT)
รถไฟใต้ดิน ロッド ファイ ターイ ディン

祝日

ページトップへ