タイ人女性 アビガンを服用して瞳が紫になった

タイ人女性 アビガンを服用して瞳が紫になった

詳細

  新型コロナウイルス陽性となったナコーンラーチャシーマー県に住むタイ人女性「プレーオ・ティシャー」さんは1月5日、自分のFacebookとTikTokに、アビガン(ファビピラビル)を服用して2日目に瞳が紫になったとして「みんなにも見せてあげたい」と、写真と動画を投稿しました。

  報道によると、アビガンを服用して瞳が青または紫に変色するのは、まれにある副作用ですが、視覚障害などを引き起こしたり、目に害が出ることはないとのことです。アビガンの服用を止めれば、色は消えていくのだとか。

Relate news

タイ人女性ユーチューバーピムリパイ、ロシア大統領のジョークで炎上

3月9日、タイ人女性のオンライン販売とユーチューバーピムリパイが、ライブで、自分はロシアのウラジーミル・プーチン大統領の妻であるというジョークを言ったことで、SNSで炎上になっています。

女性アイドルCGM48のシターさんが父親に暴力を振るわれたことを告白

1月30日、アイドルグループ「CGM48」のメンバーであるシターさん(18歳)が、iAM48アプリのライブを通じて父親に暴力を振るわれていたことを告白しました。

タイ初、オミクロン株の市中感染を確認

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は12月20日、タイで初めて新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の市中感染を確認したと明らかにしました。

タイで新たに2人からオミクロン株を確認

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は12月8日、新たに2人から新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」が確認されたと発表しました。

タイ政府、「モルヌピラビル」200万錠の購入を承認

タイ内閣は、米製薬大手メルク社などが開発した、新型コロナ感染症の経口治療薬「モルヌピラビル」200万錠(5万人分)の購入を承認しました。

新型コロナの経口治療薬「モルヌピラビル」、早ければ11月にも入手可能か

タイ保健省によると、タイはこの2週間のうちに米国の製薬会社メルクが開発中の新型コロナ用経口治療薬「モルヌピラビル(Molnupiravir)」を購入するための契約を締結できて早ければこの薬を11月にも受け取れる可能性があります。

タイの人気作者「トムヤンティ」が死去

第二次世界大戦中のバンコクにおける旧日本軍の誠実な青年将校とタイ人女性の恋を描いた「メナムの残照」の作者である女性作家のトムヤンティさん(本名:ウィモン・シリパイブーン)が9月13日、北部チェンマイの自宅で死去しました。85歳でした。

「アビガン」を無許可販売したタイ人男2人を逮捕

タイ警察とタイ保健省食品医薬品局は8月19日、日本と中国で製造された抗ウイルス薬「アビガン」を許可なく販売したとして、タイ人の男2人(33歳と30歳)を逮捕したと発表しました。

Other news

観光パイロットエリアの8都県、店内飲酒は21時まで

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は1月7日、新たな新型コロナウイルス規制について話し合いが行われました。...

シリラート病院の学部長「近く1日当たりの新規感染者数が1万人を突破」

タイ・バンコク国立マヒドン大学医学部(シリラート病院)のプラシット学部長によると、タイでもオミクロン株の感染者が増...

40歳離れた年の差カップル、18歳の男性と58歳の女性

40歳離れた年の差、とっても仲の良いカップル、男性のウェーブさん(18歳)と、女性のポーンさん(58歳)。2人はTikTokで...

タイ人俳優「ピーピー」が新型コロナ陽性

ナダオ・バンコク株式会社は1月5日、タイ人俳優の愛称「ピーピー(クリット・アンムアイデーチャコーン)」が、新型コロナ...

年末年始の「危険な7日間」の交通事故 死亡者333人

タイ内務省災害防止軽減局 (DDPM)によると、2021年12月29日から2022年1月4日までの「危険な7日間」で、合計2707人の交通...

タイ保健省 国内の新型コロナ警戒レベルを「4」に引き上げ

タイ保健省は1月6日、新たに1日で確認された新型コロナウイルス陽性者数が5,775人に急増したことを受けて、新型コロナウイ...

タイ首相府報道官「プラユット首相は新型コロナに感染していない」と否定

プラユット首相が新型コロナウイルス感染しているという噂がSNSで拡散されたことを受け、タイ首相府の代弁者であるタナコ...

タイの女性歌手「ラムヤイ・ハイトーンカム」新型コロナ陽性

タイの女性歌手「ラムヤイ・ハイトーンカム」は1月4日、自身のFacebookで新型コロナウイルス検査の結果、陽性だったと発表...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ている人気の観光スポット

ワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン

ワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン

バンコクの中華街、ヤワラートにある有名な第二級王室寺院

タイ語講座

体操(たいそう)
ยิมนาสติก yim-naas-tic

祝日

ページトップへ