詳細

スワンナプーム国際空港にセルフチェックインと自動手荷物預けシステム導入

詳細

  バンコク・スワンナプーム国際空港では、新型コロナウイルス感染リスクを軽減するために、セルフチェックインと自動手荷物預けシステムを導入し、乗客とスタッフの接触を減らしています。

  タイ空港公社のニティナイ・シリサマタカーン社長は6月4日、セルフチェックインと自動手荷物預けシステムを6月の間に試用し、7月まで全国の主要空港で180台設置する予定と明らかにしました。

  これらのシステムは、他の航空会社、入国管理局、内務省、さまざまな治安機関からのフライト情報を含むデータベースにリンクされているといいます。また自動手荷物預けシステムでは、重量制限を超えた場合の料金も、インターフェイスを介してその場でクレジットカードなどで支払うことが可能となります。

2021-06-07 18:41:33

Other news

チュラーロンコーン大学で「コロナ探知犬」 無症状でも、鋭い嗅覚で識別

タイのチュラーロンコーン大学は、熱やせきの症状がなくても鋭い嗅覚により、においで新型コロナウイルスに感染しているか...

タイ国際航空が中部空港とバンコクを結ぶ便を再開

新型コロナの影響で運休していた中部空港とバンコクを結ぶ便が、1年4カ月ぶりに運航を再開します。来月1日から運航を再開...

スシロー、バンコク北郊にタイ2号店をオープン

日本の回転ずし最大手「スシロー」は2日、タイの首都バンコク北郊パトゥムターニー県で同国2号店の営業を始めました。新型...

7月中にバンコク都民の7割にワクチン接種

タイ保健省疾病対策局によれば、政府が6月から全国展開するワクチン接種プログラムでは、7月中にバンコク都民のワクチン接...

バンコク都の規制緩和発表、即日CCSAが却下し延期決定

バンコク都は2021年5月31日、新型コロナウイルス対策で閉鎖されている5種類の事業を6月1日より再開させる規制緩和を発表し...

サラブリー県の鶏肉加工工場でクラスター発生、5日間閉鎖

サラブリー県ケンコーイ郡に位置するCPグループ傘下のチャルンポーカパン・フーズ社で、391人の新型コロナウイルス陽性が...

「新型コロナワクチンの原材料に豚脂」はフェイクニュース

デジタル経済社会省は5月29日、「シノバック社製とアストラゼネカ社製の新型コロナウイルスのワクチンには、豚の脂肪が含...

タイ保健省が中国シノバック製ワクチンは有効率83.3%を発表

新型コロナワクチンは米国のファイザー製やモデルナ製が有効率90%以上と報じられていますが、保健省によれば、南部プーケ...

タイ語講座
ザクロ
ทับทิม tʰáp tʰim
祝日
ページトップへ