タイ保健当局が部分的ロックダウンを検討

タイ保健当局が部分的ロックダウンを検討

詳細

  新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)の小委員会のトップ、ナタポン国家安全保障会議(NSC)事務局長は4月14日、同小委員会で部分的ロックダウン(都市封鎖)案の検討が行われたと明らかにしました。同事務局長によれば、この件については保健省と協議する必要があり、また、部分的ロックダウンを実行するか否かは保健当局の判断に従うことになりそうだということです。

  このほか、関係筋によれば、プラユット首相が16日に同センターのテレビ会議を開く予定で、ここでは感染対策の制限措置の強化や部分的ロックダウンがとりあげられる見通しです。

2021-04-16 18:44:22

Relate news

タイ政府 新型コロナ対策の非常事態宣言を9月30日に解除 観光産業の活性化

タイ保健当局は9月23日、新型コロナウイルスの対策として2020年から実施した非常事態宣言を9月30日に解除すると発表しました。

ヨン博士、「ステルスオミクロン」の感染者数が今後増えていくと推測

ウイルス学者であるチュラロンコン大学医学部のヨン・プーウォラワン博士は、自分のFacebookページで、「オミクロン株(BA.1)」より感染力が強いとされている「ステルスオミクロン(BA.2)」は、バンコクで2月以来、感染が急速に広がっていると発表しました。

マレーシア国境、来月に隔離なし再開予定

2月13日、プラユット首相は、隔離なし外国人旅行者を受け入れる計画として、3月にマレーシアとの国境を再開する方針を検討しています。

タイでは新型コロナ新規陽性者の7割がオミクロン株

タイ保健省は1月11日、新型コロナウイルスの状況は年が明けて2022年になってから、オミクロン株の症例が新規陽性者の大半を締めていると明らかにしました。

タイの54都県でオミクロン株確認 累計2062人

タイ保健省は1月4日、タイで新型コロナウイルスのオミクロン株の感染者が2021年11月1日から2022年1月3日まで2062人確認されたと発表しました。そのうち、1105人が入国・帰国者、957人が国内感染で、54都県で感染者が確認されました。

バンコクでの娯楽施設 2022年1月15日まで閉鎖を延長

バンコク都のアサウィン知事は12月29日、バンコク都内における防疫措置に関する「バンコク都告示第48号」を発表しました。

CCSAが旅客機内のオミクロン株感染リスクは2~3倍になると警告

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は12日23日、旅客機内での新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の感染リスクは、2~3倍になると警告しました。

タイ・ラオス友好橋の再開計画は延期

タイ東北部ノンカーイ県とラオスの首都ビエンチャンを繋ぐ、メコン川に架かる「タイ・ラオス友好橋」を再開する計画は、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の拡散を防ぐためのタイ政府の措置のために保留されました。

Other news

4月15日からタイ全国のデパートの営業時間は午後9時までに

4月15日からタイ全国のデパートやショッピングモールなどでは、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するために、営業時間...

バンコク・トンローの「クリスタル」と「エメラルド」経営者に懲役

第3波の元となったクラスターが発生したバンコク・トンローにあるナイトクラブ「クリスタルクラブ トンロー25(Krystal Cl...

菅首相、タイのワクチン輸送網の整備支援へ 総額6億円規模

菅総理大臣は9日夕方、タイのプラユット首相と電話会談行われ、新型コロナウイルスのワクチンの保冷設備など「コールドチ...

タイで41都県の遊興施設が2週間営業停止

タイの新型コロナウイルス感染症対策センターのタウィシン報道官によれば、バンコク都ワタナ区トンロー地区にあるバーやパ...

バンコク都庁、ソンクラン祭の行事が全面中止を決定

昨年は新型コロナの感染拡大のせいで中止となった4月のソンクラン祭の行事は今年、感染対策を講じることで開催が許可され...

タイの日本大使はナイトクラブで新型コロナに感染

在タイ日本大使館は新型コロナウイルスに感染した梨田和也駐タイ大使について、クラスターが発生したナイトクラブを訪問し...

タイ保健相、ソンクラン休暇で帰省する場合は隔離不要

4月13日のタイ旧正月を祝うソンクラン祭には帰省して家族と一緒に祝うのが恒例となっていますが、アヌティン副首相兼保健...

ワタナ・クロントイ・バンケーの3区の遊興施設に閉鎖命令

アサウィン・バンコク都知事は4月5日、新型コロナの感染拡大を抑制するため、バンコクの全50区のうち、トンローやエカマイ...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

ワット・バーンクン

ワット・バーンクン

タークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

タイ語講座

お大事に
โปรดรักษาสุขภาพด้วย proad-rak-saa-suk-ka-paap-duay

祝日

ページトップへ