ワット・ラーチャプラディットサターン(วัดราชประดิษฐาน)

ワット・ラーチャプラディットサターン(วัดราชประดิษฐาน)

一般情報

ワット・ラーチャプラディットサターンは、アユタヤの北側、ウートン通り沿いにある古い寺院です。
この寺院の見どころは、トウモロコシのような形をしており、胴体が八角形となったランナー様式の仏塔の遺跡です。
また、周辺には、大小様々な仏塔の遺跡が配置されています。
なお、この寺院の近くに、アユタヤ王朝時代の要塞跡が残されている古き雰囲気を持つ「ワット・ターサイ」という空き寺も位置しています。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

6:00~18:00(無休)

アクセス

Tha Wasukri, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

住所 / 地図

住所

14.3624696, 100.5683907

Nearby attractions

no image

アユタヤ歴史研究センター

日タイ友好100周年の記念行事の一環として1990年に設立された施設

()
no image

アユタヤ・エレファント・キャンプ

タイの中心部アユタヤにある象乗り体験のできるスポット

()
no image

象柵跡

アユタヤ王朝が野生象を集めて検分していた施設

()
no image

ミリオントイ博物館

無数のおもちゃが館内に展示されている現代的博物館

()
no image

ワット・ウォーラチェーターラーム

アユタヤ王朝第22代目のエーカートッサロット王によって建てられた寺院

()
no image

ワット・ナーンクイ

幹線道路を奥に入ったチャオプラヤー川沿いにある現存仏教寺院

()
no image

ワット・スワンダララーム

チャクリー王朝の初代ラーマ1世の父が建立した寺院

()
ワット・ロカヤスタラーム

ワット・ロカヤスタラーム

広大な草原に悠々と寝そべる高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏

()
no image

ワット・ボロムウォンイソン・ウォラーラーム・ウォラウィハーン

現チャクリー王朝によって再興された現存仏教寺院

()
no image

ワット・パナンチューン

アユタヤが首都となる26年前、1324年に建てられた寺院

()
no image

ワット・クディダーオ

1715年にターイサ王によって大規模な修復が行われた寺院

()
no image

チェディ・シー・スリヨータイ

白象王の異名を持つ17代チャクラパット王の妃の遺骨が眠る仏塔

()

タイ語講座

後方
ข้างหลัง カーン ラン

祝日

ページトップへ