アナンタ・サマーコム宮殿

アナンタ・サマーコム宮殿

一般情報

アナンタ・サマーコム宮殿は、当時ウィマンメーク宮殿を生活の場にしていたラーマ5世が迎賓館として使用するために、1907年に建設を命じた宮殿です。
1915年の完成以来、迎賓館として、国会議事堂として、タイの歴史を見つめ続けてきました。
建物の特徴でもある中央の大きなドームのほかに6つのドームがあり、それぞれ内側に美しいフレスコ画が描かれています。イタリアの画家ガリレオ・ギニとリコリの作で、ラーマ1世から6世までの偉業をテーマにしたストーリー性のある作品は感動的です。
宮殿内には王族が使用した御輿やタイの有名な作家が制作した想像上の動物の置き物など、芸術的展示物を数多く所蔵しています。
2017年以降、入場はできませんが、外から建物の外観を見ることができます。 

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

24時間

アクセス

BTSパヤタイ駅からタクシーで約15分。

住所 / 地図

住所

71 Uthong Nai Alley, Dusit, Dusit District, Bangkok 10300

13.7717, 100.5131804

Nearby attractions

no image

ラーマ5世騎馬像

ラーマ5世即位40周年を迎えた1908年にアナンタ・サマコム宮殿前の広場に建てられた像

()
no image

ワット・ベンチャマボピット

ラマ5世通りの交差点近く、シー・アユタヤ通りにある寺院

()
no image

ワット・インドラウィハーン

1752年に建立されたと伝えられる古くからある寺院

()
no image

ワット・ソーマナット・ラーチャウォラウィハーン

ラーチャダムヌーン・ノーク通りとナコンサワン通りの間にある第2級王室寺院

()
no image

ラチャダムヌーン・スタジアム

ムエタイおよびボクシング専用の競技施設

()
no image

ナーンラァーン市場

1900年につくられたバンコクで最も古いとされる市場

()
no image

ワット・サームプラヤー

バンコクの下町エリア、サムセン通りにある王室の認定を受けた第3級王室寺院

()
no image

ワット・サームプラヤー

バンコク王朝初期に「バンクンプロム寺」の名で、モーン族出身の官僚・トゥルットが病で殉職した弟・サートを記念して建立...

()
no image

バンク・オブ・タイランド・ラーニングセンター

タイ銀行設立75年を記念して建てられたラーニングセンター

()
no image

バンク・オブ・タイランド・ラーニングセンター

タイ銀行設立75年を記念して建てられたラーニングセンター

()
no image

ラーマ8世橋

ラタナコシン島からトンブリーへの交通渋滞を緩和するための王室プロジェクトとして建てられた橋

()
no image

ラマ7世王博物館

ラマ7世・ポッククラオ国王と王妃の貴重なアイテムを展示している博物館

()
タイ語講座
お会計お願いします
เช็คบิลหน่อย chék bin nɔ`i
祝日
ページトップへ