タイでフェイクニュースを共有している人は約2379万人

タイでフェイクニュースを共有している人は約2379万人

詳細

  デジタル経済社会省チャイウット大臣によると、タイのインターネットユーザーの行動を調査した結果、約2379万人のユーザーがフェイクニュースを共有していることが確認され、その大半は18歳から24歳の若者でした。職業別に見ると、フェイクニュースを共有することに最も積極的なのは教師で、次いで学生、写真家、エンジニアとなっています。

  最も多く共有されているフェイクニュースは、健康や新型コロナウイルス、政府の政策、経済、自然災害に関するものでした。

  デジタル経済社会省は、フェイスニュースに対処するための短編映画コンクールを発表。最高賞金は、8万バーツとなります。作品のエントリーは2022年1月から3月までで、受賞者は5月に発表されます。受賞した短編映画はすべて、テレビを含む様々なメディアを通じて放送されます。

2021-12-30 17:46:55

Relate news

デジタル経済社会省、フェイクニュース「タイ全国でバス運休」に警告

デジタル経済社会省アンチフェイクニュースセンターは12月16日、SNSなどで拡散されている「タイ全国でバス運休」という情報が、誤った情報、つまりフェイクニュースであると発表しました。

デジタル経済社会省、フェイクニュース「パパイヤの葉と花を煎じて飲むと癌が治る」に警告

デジタル経済社会省アンチフェイクニュースセンターは12月16日、SNSなどで拡散されている「パパイヤの葉と花煎じて飲むと癌は治る」という情報は、嘘であると発表しました。

デジタル経済社会省、フェイクニュース「ホアランポーン駅を取り壊して高層ビル建設」に警告

デジタル経済社会省アンチフェイクニュースセンターは11月17日、SNSなどで拡散されている「タイ国鉄ホアランポーン駅が取り壊しになり、高層ビルが建設される」という情報は嘘であると発表しました。

デジタル経済社会省、フェイクニュース「プーケット県知事がイスラム教徒の密入国を幇助」に警告

デジタル経済社会省アンチフェイクニュースセンターは10月28日、SNSなどで拡散されている「プーケット県知事が外国人イスラム教徒を密入国させている」と情報は、全くの虚偽であると発表しました。

デジタル経済社会省、フェイクニュース「バンコクが最強の嵐に見舞われる」に注意

デジタル経済社会省アンチフェイクニュースセンターは10月25日、SNSなどで拡散されている「10月26日から11月12日にバンコクが最強の嵐に見舞われる」という情報は嘘であると発表しました。

「新型コロナワクチンの原材料に豚脂」はフェイクニュース

デジタル経済社会省は5月29日、「シノバック社製とアストラゼネカ社製の新型コロナウイルスのワクチンには、豚の脂肪が含まれている」という情報はフェイクニュースであるとして、インターネットの記事を信じたり、情報をSNSなどで拡散しないように警告を行ないました。

Other news

サケーオ県で秘密クラブのドラッグパーティー 55人を逮捕

タイ警察はサケーオ県アランヤプラテート市で12月30日午前3時頃、倉庫を改造した秘密クラブ「THE JUNGLE」を摘発し、店内...

バンコクでの娯楽施設 2022年1月15日まで閉鎖を延長

バンコク都のアサウィン知事は12月29日、バンコク都内における防疫措置に関する「バンコク都告示第48号」を発表しました。

2021年世界で最もハンサム・きれいな顔の100人 タイからの芸能人も選出

アメリカの映画サイトTC Candlerによる、人気投票などで選出される毎年恒例の「世界で最もハンサムな顔の100人」と「世界...

サムットプラカーン県のコンドミニアム内で女性を殺害した男を逮捕

サムットプラカーン県のコンドミニアム内で、住人の男(31)が住人の女性(23)を殺害した容疑で逮捕されました。女性の死...

タイ発電公社 電動バイクタクシーの試運転を開始

タイ発電公社(EGAT)は12月27日、電動バイクタクシーの試運転を開始しました。

タイ保健省 年末年始休暇後の在宅勤務を提案へ

タイ保健省は12月29日、新年最初の閣議で年末年始の長期休暇中の旅行や催しで急増すると予想されるオミクロン型の感染拡大...

タイ保健省が1日当たりの新規感染者が3万人に増える可能性があると見解

タイ保健省は、12月27日の時点でオミクロン株の感染者が514人に急増したことから、感染力の強いオミクロン株に対して追加...

初めてのアイドルファッションショー「MBK Idol Fashion Week 」MBKセンターで開催

バンコク・MBKセンターで12月26日、新コンセプト「MBK MB COOL 」の下で生まれ変わるMBKセンターを祝い、アイドルファッシ...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ている人気の観光スポット

ワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン

ワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン

バンコクの中華街、ヤワラートにある有名な第二級王室寺院

タイ語講座

歩道橋
สะพานลอย サ パーン ローイ

祝日

ページトップへ