バンコクのおすすめ観光スポット

バンコクのおすすめ観光スポット

バンコクは、タイ中央部に位置するタイの政治、教育、交通、経済、商業 、を中心としたタイの首都です。 外国人を引き寄せる寺院、王宮、ショッピングセンター、商店街、ナイトスポットなどの様々な観光スポットがあります。 2019年、アメリカの有名な経済雑誌「フォーブス」のランキングによると、バンコクは世界で最も多くの外国人が訪れる街だという。

ワット・アルン(วัดอรุณ)

チャオプラヤ川の川沿いにあるワット・アルンは、アユタヤ時代に建立されたバンコクを代表する寺院のひとつです。高く聳え立つ5基の仏塔。4基の小さな仏塔が高さ約75メートルの中心の大仏塔うを取り囲む形はこの寺院の個性的な特徴です。観光客が絶えず毎日訪ねてきていますが、最も美しく寺院を見られる方は人が少ない朝、または、ライトアップをつけた夜の時間がおすすめします。
ワット・アルン(วัดอรุณ)

ジムトンプソンの家(พิพิธภัณฑ์บ้าน จิม ทอมป์สัน)

第二次世界大戦の時にタイに派遣されたアメリカ人で、タイシルクの魅力に魅せられたジム・トンプソン氏のかつての家です。現在、彼が収集していた個性的な古美術や現代美術、東南アジアの芸術作品などのコレクションを展示する博物館となっています。家の敷地内には、花々が美しく咲いた緑の多い庭があり、タイシルクなどが販売されているンショップ、レストランなども併設されています。
ジムトンプソンの家(พิพิธภัณฑ์บ้าน จิม ทอมป์สัน)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ているカオサン通りは、色んな宿泊施設があると有名な観光スポットの近くにあるエリアです。そのため、ここは外国人の間で人気の観光スポットとなっています。夕方から、和食店や飯店などの多国のレストランやローカルフードを味わえる屋台など、若者を対象としたパブやクラブが開店されています。特に夜は、飲みに繰り出す人は大半以上もいるカオサン通りの一番盛り上がる期間です。
カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

戦勝記念塔(อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ)

タイ・フランス領インドシナ紛争で命を落とした人々の活躍を捧げるために建てられた戦勝記念塔は、バンコク中を走るバスやミニバンが集まった交通機関の中心のロータリーです。周囲は、各地へのバスやミニバンを使用する人はもちろん、デパート大や型ショッピングセンター、レストランや屋台もあったため、人絶えず活気のあるエリアとなっています。
戦勝記念塔(อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ)

サオ・チンチャー(เสาชิงช้า)

バンコクの中心に位置する2つの柱が高くそびえ立つ赤い超巨大ブランコのサオ・チンチャーは、タイとバンコクのシンボル・ランマークとなった歴史的な観光スポットのひとつです。その独創性あふれる綺麗なデザインで、タイ人はもちろん、海外からやってきた外国人観光客も、よくここで記念写真を撮っているものです。
サオ・チンチャー(เสาชิงช้า)
Comment
コメントの書き込み

コメント情報なし

タイ語講座

職業
อาชีพ aa cʰîip

祝日

ページトップへ