ワット・バーンクン

ワット・バーンクン

一般情報

ワット・バーンクンは、アユタヤ王朝末期には海軍基地、トンブリー王朝の1768年にはビルマ軍との戦いで当時のタークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院です。
その後、長く無人化していたため、本堂は大きな菩提樹に覆われ、遠くからは姿を見ることができなかったといわれています。
バンコク近郊のアンパワーが観光地として注目を集めると同時に、ここワット・バーンクンの本堂もタイ国政府観光庁がおすすめするスポット、「Unseen Thailand」のひとつとして指定されました。
本堂の中は、お釈迦様の一生を描く赤い壁画が微かながら残っています。
境内に数百体あるムエタイの人形は、ビルマ軍と勇敢に戦ったアユタヤやトンブリー王朝の兵隊にちなんで作られました。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

07:00~18:00

アクセス

アンパワー水上マーケット周辺からの乗り合い船

住所 / 地図
住所

Bang Kung, Bang Khonthi District, Samut Songkhram 75120

13.4461111, 99.9411111

Nearby attractions

no image
バーン・ノイ水上マーケット

アンパワー水上マーケットの近くにある100年以上の歴史を持つ市場

no image
ラーマ2世記念公園

初期ラッタナコーシン時代の人々の生活がタイの伝統的な4軒の家をモデルに、分かりやすく展示されている場所

アンパワー水上マーケット
アンパワー水上マーケット

サムットソンクラーム県のアンパワー運河で開催される有名なナイトマーケット

no image
アンパワーのホタル鑑賞

夕方から小さなボートに乗ってメークローン川でホタル観賞する大人気のアクティビティ

no image
ピンスワン・ベンジャロン

サムットソンクラーム県のアンパワーにあるベンジャロン焼き工房

no image
聖母生誕大聖堂

サムットソンクラーム県バーンコンティー郡に位置するローマ・カトリック大聖堂

no image
ワット・プラドゥー

アユタヤ王朝末期に建立されたアンパワーを代表する寺院

no image
ターカー水上マーケット

サムットソンクラムのアンパワーにある素朴な水上マーケット

タイ語講座
おやすみなさい
ราตรีสวัสดิ์ ra-tri-sa-wad
祝日
ページトップへ