ロムフッブ市場

ロムフッブ市場

一般情報

ロムフッブ市場は、線路の両脇に野菜や果物などのお店が所狭しとひしめき合うメークローン駅近くの市場です。
「ロムフッブ」の意味は傘をたたむことで、その名の通り、線路脇で商売をする人たちは、メークローンとバーンレーム間を往来する列車が行き交う時(1日8回)に、店のテントや傘をたたんで列車を除け、列車が過ぎ去れば再び傘やテントを広げて商売を再開します。
列車が通過する度に店をたたむようになったのは1984年頃からと言われ、世にも珍しいこの光景は、一見の価値あります。
ここで売られている物は、メークローン名物のプラートゥ(あじのような魚)のほか、果物、カレーペースト、日用品など庶民の生活を支えるまさに台所です。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

08:00~19:00

アクセス

南バスターミナルから路線のバス乗車、メークローンで下車、徒歩すぐ

住所 / 地図
住所

Mueang Samut Songkhram District, Samut Songkhram 75000

13.4074994, 99.99844639999999

Nearby attractions

no image
ピンスワン・ベンジャロン

サムットソンクラーム県のアンパワーにあるベンジャロン焼き工房

アンパワー水上マーケット
アンパワー水上マーケット

サムットソンクラーム県のアンパワー運河で開催される有名なナイトマーケット

no image
アンパワーのホタル鑑賞

夕方から小さなボートに乗ってメークローン川でホタル観賞する大人気のアクティビティ

no image
ラーマ2世記念公園

初期ラッタナコーシン時代の人々の生活がタイの伝統的な4軒の家をモデルに、分かりやすく展示されている場所

no image
ターカー水上マーケット

サムットソンクラムのアンパワーにある素朴な水上マーケット

ワット・バーンクン
ワット・バーンクン

タークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院

no image
バーン・ノイ水上マーケット

アンパワー水上マーケットの近くにある100年以上の歴史を持つ市場

no image
ワット・プラドゥー

アユタヤ王朝末期に建立されたアンパワーを代表する寺院

タイ語講座
よろしくお願いします。
ขอฝากตัวด้วย koh-fhak-tua-duay
祝日
ページトップへ