ホーン・ムーンマン・ミュージアム

ホーン・ムーンマン・ミュージアム

一般情報

ホーン・ムーンマン・ミュージアムは、タイ国政府観光庁(TAT)の支援のもと、2003年に設立されたコーンケーン県の歴史が学べる博物館です。
館内は、「コーンケーンの紹介」、「コーンケーンの歴史と文化の紹介」、「コーンケーンの由来」、「町と人々の暮らしの紹介」、そして「現在のコーンケーン」の5つのゾーンに分けられ、コーンケーンの歴史についての理解を深める場所として、この地で培われた歴史遺産、文化遺産や人々の暮らしの様子などを展示しています。
イサーン(東北地方)の方言で「ホーン」は大きな倉庫または、会館と言う意味で、「ムーンマン」は宝物のことを表し、ホーン・ムーンマンは「巨大な宝物の会館」と言う意味になります。

利用料金 / 利用時間
利用料金

90バーツ

利用時間

9:00~17:00 (月休み)

アクセス

コーンケーン市内から車で約10分。(約3km)

住所 / 地図
住所

Rop Bung Alley, Nai Mueang, Mueang Khon Kaen District, Khon Kaen 40000

16.4192551, 102.8391518

Nearby attractions

no image
ブン・ケン・ナコーン

コーンケーンに住む地元の人から親しまれ、憩いの場となっている湖

no image
コーンケーン国立博物館

大昔のコーンケーン周辺で暮らしていた人々の生き方が展示されている博物館

タイ語講座
未来(みらい)
อนาคต a-naa-kod
祝日
ページトップへ