ワット・プラ・シン

ワット・プラ・シン

一般情報

ワット・プラ・シンは1336~1355年にランナー王朝第5代パーユー王によって建立されたチェンマイ市内で最も大きい寺院です。
リーチェンプラ寺院と呼ばれていましたが、後に第7代王のセーンムアンマーがチェンライからプラ・シン仏像を迎え入れてからは、ワット・プラ・シンとして地元の人々の間で親しまれるようになりました。
幅31インチ、高さ51インチのこの仏像は現在、奥にある「ウィハーン・ラーイカム」というこぢんまりとした礼拝堂内に祀られています。
また、毎年4月13日前後のソンクラーン(水掛け祭り)の際には、大勢の市民に参拝してもらえるようにと台に乗せられて市内を巡回します。
お堂の壁には色とりどりの壁画が施され、見どころのひとつとなっています。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

09:00~18:00

アクセス

市内からソンテウで2-3分。

住所 / 地図
住所

2 Samlarn Rd, Phra Sing, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50280

18.7885265, 98.9819946

Nearby attractions

ワット・チェディ・ルアン
ワット・チェディ・ルアン

チェンマイで最も大きな仏塔のある寺院

no image
チェンマイ・シティアート&カルチャー・センター

チェンマイの歴史や風俗がわかる展示が行われているオールドタウンの中心にそびえる洋風の建物

no image
ワット・パンタオ

かつてエメラルド仏陀を納めた格式のある、チェディルアンの仏像を鋳造する寺院として建立された寺院

no image
ワット・プアックホン

16世紀から17世紀に建立されたと言われている寺院

no image
クム・チャオ・ブリラット・ハウス

建築家は伝統ところにあるスタイルを融合させて造った家屋

no image
ワット・ローク・モーリー

小規模ながらも見事なランナー様式の建築を今に伝える寺院

no image
ワット・ウモーン・マハテラチャン

チェンマイ県ステープ通りにある寺院

ワット・チェン・マン
ワット・チェン・マン

チェンマイ創都の時に建てられ、かつては王の宮殿として利用されていた寺院

タイ語講座
สีดำ see-dam
祝日
ページトップへ