ロイクラトン祭り

ロイクラトン祭り

一般情報

ロイクラトン祭りは、灯籠(クラトン)を川に流す(ロイ)というタイの人々の間で古くから続いていた風習です。
タイの祭りの中でも、最も美しい祭りのひとつとして知られています。
河川の水位がもっとも高く、旧暦12月(現在の10月または11月)の満月の夜に人々が川岸に集まり、川の女神「プラ・メー・コンカー」へ感謝の気持ちを捧げ、人と川の深い関わりを表しています。
地方により形式が異なりますが、バナナの幹や葉などで模った灯籠の上にロウソクと線香を立て、川に流したのが始まりです。
また、ロイクラトン祭りでは、花火を打ち上げるところも多く、川の周辺では賑やかなナイトマーケットが開かれフードやお土産店、雑貨店などの屋台が並び、お祭りムードを盛り上げます。
一年に一度だけのタイの美しい夜の思い出づくりに、家族やカップル、友人と一緒に楽しめるおすすめの祭りです。

ロイクラトン祭りが近づくと、手づくりのクラトンが販売されるようになります。
お店で好みのものを選ぶ楽しみもありますが、クラトンはバナナの皮とお花で手軽に作ることができるので、自作したクラトンに願いごとを乗せて川に流してみるのもおすすめです。
会場の近くではワークショップが開かれるところがたくさんありますので、気軽にやってみてもいいです。

会場により、混雑する所もりありますので、盗難または、引っ手繰りやスリに注意する必要があります。
リュックサック等は前に持つようにしてください。ウエストバックはオススメです。
また、川の近くは滑りやすい所もあるかもしれないので、それも十分に気をつけてください。
プラスチック製のクラトンなど、環境に悪影響を及ぼす物を川に流さないでください。
設けられているルールが各会場によって違うので、不明な点があれば現地スタッフに質問しておくべきです。

タイ語講座
お元気で
ดูแลตัวเองด้วย doo-lae-tua-eang-duay
祝日
ページトップへ