ポイ・サン・ロン(出家セレモニー)

ポイ・サン・ロン(出家セレモニー)

一般情報

ポイ・サン・ロンは、タイ北部で山岳地帯に住む少数民族タイ・ヤイ族(シャン族)の9~10歳ぐらいの少年らが孝行を尽し、または仏道を習うために一斉に出家をする伝統儀式です。
毎年、子供の夏休みの期間である3月末から4月にかけて3日間に渡って行われます。
元々はメーホンソーン県(特にパーイ郡、ムアン郡、クンユワム郡)ならではの儀式でしたが、今はチェンライ県やチェンライ県などの隣県でも行われています。
儀式に参加する少年らは、頭を丸刈りにしてカラフルで派手な衣装を身に着けたら、大人に肩車をしてもらい、他の大人がドラや太鼓などの楽器を鳴らして輪になって踊りながら、街中を色鮮やかに染め上げられ、大行進となります。
街中を染め上げられた後、身内やお年寄りの家を訪ね、受戒やお祝いしてもらうこともあります。
また、染め上げられた最中に、少年は地に足をつけてはいけないとされています。
そして、3日目(最後の日)に、進行の目的地となるお寺にたどり着くと、少年らは肩車から降りて本堂の中に入り、出家の儀式を受けることになります。(出家の期間は大抵約2~3週間)

タイ語講座

芸術家
ศิลปิน スィン ラ ピン

祝日

ページトップへ