ソンクラーン(水かけ祭り)

ソンクラーン(水かけ祭り)

一般情報

ソンクラーンは、タイを代表するお祭りのひとつであり、毎年4月13日〜15日の3日にかけてタイ全土で開催される「水掛け祭り」としても広く知られている伝統行事です。
この3日間はタイの若者や世界中の観光客が集まって、水鉄砲を使って街の至るところで激しく水をかけ合います。また、タイの祝日にも定められています。
もともとは仏像や仏塔、さらに年長者などの手に水を掛けてお清めをするという伝統的な風習が受け継がれてきました。
一年で最も気温の上がる季節の暑さしのぎとしても親しまれてきました。現在、街で通行人同士が水をかけあって楽しむ「水掛け祭り」ようになりました。
バンコクはもちろん、各地で独自のイベントが開催され、これを目当てに多くの旅行者がタイを訪れるようになりました。

ソンクラーンの時期に宿泊先から街に出る方は、中に水着を着たり、濡れてもいい服装で出かけることをおすすめします。
また、大勢の人々で賑わう場所に行く場合は、貴重品などは持ち歩かずに、最低限の現金を防水バッグに入れて持参するのが鉄則です。
携帯電話を持ち歩く時は、現金同様、防水バッグに入れて水から守りましょう。なお、ソンクラーンの時期はタイの人々にとっては大型連休です。
長期休暇を利用して海外旅行に出かける人も多くいるので、毎年空港が大混雑します。
この時期に空港を利用する人は、普段より余裕をもって移動することを心がけましょう。

タイ語講座
カキ
ลูกพลับ lûuk phláp
祝日
ページトップへ