ソンクラーン(水かけ祭り)

ソンクラーン(水かけ祭り)

一般情報

ソンクラーンとは、毎年の4月13日から15日にかけて行われるタイを代表するお祭りとも言える大昔から受け継がれている伝統行事です。
またこの日は、タイの旧正月でもあり、別の名前で「水かけ祭り」ともよく知られています。
この3日間ではタイ全土の至るところの人々が楽しく水をかけ合うイベントを開催します。
理由としては、タイの4月は一年で最も気温の高い季節なのでしょう。
その他にも、パウダーを塗り合ったり、泡パーティーを行ったり、パレードを練り歩いたりするイベントを開催することもあります。
タイの大型連休にもされているソンクラーンは、日本のお盆のように人々がお年寄りなどの身内に会うために故郷に帰ります。
そして、お年寄りへの孝心を表すために、お年寄りの手に水をかけます。
また、仏像に水をかけることもあります。
しかし、タイ全土で開催されたとは言え、各地でそれぞれの独自のイベントがあり、これもまたソンクラーンの魅力のひとつとも言えるでしょう。

タイ語講座

考える
คิด kangaeru
考えすぎる
คิดมากเกินไป kangae sugiru

祝日

ページトップへ