ブン・クーン・ラーン祭り

ブン・クーン・ラーン祭り

一般情報

ブン・クーン・ラーン祭は、タイ東北地方のアムナートチャルーン県におけるポーソップという米の神様に収穫を感謝するための行事です。
稲穂がついたままの稲で社を作ります。
「ブン」は「増やす」、「ラーン」は「稲を刈り取る広場」という意味で、「出来上がった米を積み上げること」を指しています。
一般的に毎年1月に行われますが、日程は地域によって異なり、最近では観光客向けにこの「稲の社」をシーズン外でも展示している場所もあります。
実った稲のついたままの稲穂を束ねて使いますので、頻りに雀が啄んでいましたが、そこは気にしないようです。

住所 / 地図
住所

15.8583632, 104.6261046
タイ語講座
メーター(タクシー乗り)
มิเตอร์ mi-ter
メーターをオンにしてください。
กดมิเตอร์ด้วยครับ/ค่ะ god-mi-ter-duey-krub/ka
祝日
ページトップへ