ピー・ガスー(ผีกระสือ)

ピー・ガスー(ผีกระสือ)

ピー・ガスーは、内臓を垂らした生首の姿で空中浮遊をする女性(特にお年寄りの女性)のお化けです。
よくタイの田舎村で目撃されたことが多いです。
昼間は人間の姿をしていながら、他人との関係を避けるようにしています。
夜になると頭と内臓が身体から抜け出し、村を彷徨います。
朝になるとまた身体に戻ります。
また、ピー・ガスーの内臓が赤く光る(緑色に光るとも言われています)ため、遠くからはゆらゆら揺れる不思議な光が目撃されたそうです。
ピー・ガスーは動物の生血や内蔵、またはうんちなどの生物系廃棄物が好ましく、朝になると、村人が飼っていた牛や水牛が内蔵が消えた状態で死んでいるという。
また、朝に外に干してある洗濯物に汚れがついていれば、それはピー・ガスーが口を吹いた痕跡とも言われています。
ピー・ガスーは普段人に被害を与えず、人に見つかれると自ら逃げ去ることになりますが、人に先に被害を与えられた場合は、死に至るまで返り討ちにすることもあります。

Comment
コメントの書き込み

コメント情報なし

タイ語講座

0
ศูนย์ suun

祝日

ページトップへ