ワット・ウモーン

ワット・ウモーン

一般情報

ワット・ウモーンは、ステープ地区の古刹、うっそうと茂った木々に囲まれた寺院です。
ランナー王朝の初代メンラーイ王がチェンマイに都をつくった際にスリランカから招いた僧侶が修行できるようにと11か所の竹林を寄進しスリランカ様式に基いて建てられました。
その後、僧侶が瞑想修行できるようにとアナータムミカラート王(1367~1387年)が4つの入り口を持つトンネルを掘らせました。
それ以来、この寺院は「ウモーン(トンネル)」の寺と呼ばれるようになり、現在、隣接する4つの寺院を合併して「スアン・プッタタム」という修行センターとして発展されています。
広い境内のいたるところに1949~1966年にかけて寺の住職を務めたパンヤー・ナンタピック高僧による仏教の教えが書かれた看板が立てられていて、厳しい修行を志す僧侶が各地から目指す寺となっています。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

5:00~20:00

アクセス

チェンマイ中心部から車で20分。

住所 / 地図
住所

135 Moo 10 Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200

18.7833134, 98.9511902

Nearby attractions

ワット・スアン・ドーク
ワット・スアン・ドーク

1383年に建立されたチェンマイで最も古い寺院のひとつ

no image
ニマンへミン通り

チェンマイで最もおしゃれなストリート

no image
チェンマイ動物園

1952年に創設されたタイでも最古の動物園の1つ

no image
ワット・プアックホン

16世紀から17世紀に建立されたと言われている寺院

ワット・プラ・シン
ワット・プラ・シン

チェンマイ市内で最も大きい寺院

no image
ワット・ローク・モーリー

小規模ながらも見事なランナー様式の建築を今に伝える寺院

ワット・ジェット・ヨード
ワット・ジェット・ヨード

四角い基壇となる建物の上に7つの仏塔が建つという、珍しい形をした建造物のある寺院

ワット・チェディ・ルアン
ワット・チェディ・ルアン

チェンマイで最も大きな仏塔のある寺院

タイ語講座
0
ศูนย์ suun
祝日
ページトップへ