ワット・サームプラヤー

ワット・サームプラヤー

一般情報

ワット・サームプラヤーは、バンコク王朝初期に「バンクンプロム寺」の名で、モーン族出身の官僚・トゥルットが病で殉職した弟・サートを記念して建立した寺院です。
その後、「プラヤー」という高級官僚の役職に就任した一族の3人の孫らが修復したことを受けて、1823年にラーマ3世王がその3人の「プラヤー」を記念して現在の名称になっています。
僧侶の学校を兼ねた宿舎もあり、一歩足を踏み入れると周りの雑踏が嘘のような静かな寺院です。
本堂と礼拝堂では、毎日2回8時半と18時にお経があげられ、その時には一般人の入場も可能です。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

8:00〜17:00 (無休)

アクセス

ラーマ8世橋の船着場から徒歩で約5分。

住所 / 地図

住所

Wat Sam Phraya, Phra Nakhon, Bangkok 10200

13.7656805, 100.4993379

Nearby attractions

no image

ワット・サームプラヤー

バンコクの下町エリア、サムセン通りにある王室の認定を受けた第3級王室寺院

()
no image

バンク・オブ・タイランド・ラーニングセンター

タイ銀行設立75年を記念して建てられたラーニングセンター

()
no image

バンク・オブ・タイランド・ラーニングセンター

タイ銀行設立75年を記念して建てられたラーニングセンター

()
no image

ワット・インドラウィハーン

1752年に建立されたと伝えられる古くからある寺院

()
no image

ラーマ8世橋

ラタナコシン島からトンブリーへの交通渋滞を緩和するための王室プロジェクトとして建てられた橋

()
no image

サンティチャイプラカーン公園

カオサン通りのすぐ近くにある小さな公園

()
no image

ワット・ボウォーンニウェート

1826年にラーマ3世の時代に建立された寺院で、後のラーマ4世がおこしたタマユットニカーイ派の総本山で、タイの中でも最も...

()
no image

ワット・ボウォーンニウェート

1826年に建立され、後のラーマ4世がおこしたタマユットニカーイ派の総本山

()
no image

ワット・チャナソンクラーム

アユタヤ時代からある歴史ある、参拝すると困難に打ち勝つ事ができると言われている寺院

()
カオサン通り

カオサン通り

アジアを旅するバックパッカーの拠点として世界的に知られているバンコク市内のエリア

()
no image

バンコク都立図書館

2017年4月、民主記念塔近くにオープンしたバンコクの都立図書館

()
民主記念塔

民主記念塔

1932年6月24日、シャム王国時代の絶対王政から立憲君主制に導いたシャム・クーデターを記念して、1940年に建設さた記念塔

()
タイ語講座
火傷(やけど)
แผลไฟไหม้ / แผลน้ำร้อนลวก plaae-fai-mai / plaae-naam-rorn-luak
火傷をする。
ถูกไฟไหม้, ถูกน้ำร้อนลวก thuuk-fai-mai / thuuk-naam-rorn-luak
祝日
ページトップへ