ワット・テープティダラーム

ワット・テープティダラーム

一般情報

ワット・テープティダラームは、1839年ラーマ3の命により1839年に建立された第3級王室寺院です。
最初は、「ワット・プラヤークライスアンルアン(Wat Phraya Krai Suanluang)」という名前でした。
1839年ラーマ3世の治世時代、彼の最愛の娘のために、タイ様式と中国の建築様式を合わせて建立されました。
中国との貿易で莫大な利益をもたらしたラーマ3世の時代は、大きく中国の影響を受けた時代です。
また、この寺院が中華街に近い場所にあるのも建築様式に影響を与えた理由だと言われています。
入口には、寺院のウェブサイトにつながるQRコードや、見どころを説明する看板が設置されています。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

8:00〜17:00(無休)

アクセス

MRTサムヨット駅から徒歩で約10分。

住所 / 地図

住所

42 Maha Chai Rd, Samran Rat, Phra Nakhon, Bangkok 10200

13.7533861, 100.5042249

Nearby attractions

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

()
ワット・サケット

ワット・サケット

14世紀~18世紀のアユタヤ王朝時代からある古い寺院

()
ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

()
no image

アセアン・カルチャー・センター

名前の通りアセアン加盟国の文化についての情報が展示されている博物館

()
ジャイアントスウィング

ジャイアントスウィング

ワット・スタットの目の前にある高さ21.15メートルの2つのそびえ立つ赤い柱

()
no image

クイーンズギャラリー

アーティストの卵や無名の画家に焦点を当てた次世代アートを展示する美術館

()
no image

ラマ7世王博物館

ラマ7世・ポッククラオ国王と王妃の貴重なアイテムを展示している博物館

()
no image

テーワスターン

王都建設の慣例に従いラーマ1世の命によって造られたバラモン教の寺院

()
no image

ワット・スタット

9世紀の初めラーマ1世の時代に建立された寺院

()
民主記念塔

民主記念塔

1932年6月24日、シャム王国時代の絶対王政から立憲君主制に導いたシャム・クーデターを記念して、1940年に建設さた記念塔

()
no image

ロマニーナート公園

ジャイアントスイングとワット・スタットの近くに位置する旧監獄跡の公園

()
no image

ラタナコーシン島(バンコク旧市街地)

バンコクが誕生した1782年ごろから形成された街で、北─西─南はチャオプラヤー川、東はローブクルン堀で区切られたエリア

()
タイ語講座
呼ぶ
เรียก yobu
名前を呼ぶ
เรียกชื่อ namae wo yobu
祝日
ページトップへ