タイ王室紋章・貨幣博物館

タイ王室紋章・貨幣博物館

一般情報

タイ王室紋章・貨幣博物館は、エメラルド寺院の入口手前にある、王宮観光に来た外国人団体客がよく訪れているユニークな博物館です。
ここは、タイの歴史上の様々な貨幣や記念硬貨、世界各国の貨幣、見事な装飾の剣や冠、勲章などを展示した併設の博物館です。
また、王室に関わりのある装飾品、宝石、食器、刀や、エメラルド仏の着替え等もここで展示されています。
最後の部屋でタイの硬貨、貨幣を展示。数量が非常に多く、特にラマ4世時代以降の硬貨が充実しています。
1階に記念硬貨の販売店があります。
館内では、写真撮影が禁止されているので、注意してください。

利用料金 / 利用時間

利用料金

10バーツ

利用時間

8:30~16:00(無休)

アクセス

フアラポーン駅からタクシーで約20分。

住所 / 地図

住所

The Grand Palace, Na Phra Lan Rd, Phra Borom Maha Ratchawang, Phra Nakhon, Bangkok 10200

13.7516435, 100.4927041

Nearby attractions

no image

サーンチャオ・クワーントゥン(広東寺)

1881年に広東省から移民してきた中国系住民の寄付金によって建立された祠

()
no image

ナーンラァーン市場

1900年につくられたバンコクで最も古いとされる市場

()
no image

ロン1919

チャオプラヤー川沿いの商船用船着き場を改装して2017年にオープンした商業施設

()
no image

シェンコン寺

中古のエンジンや建設機材などを扱う店が軒を連ねるソンワード通り沿いにある小さな祠

()
ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

()
no image

ワット・ベンチャマボピット

ラマ5世通りの交差点近く、シー・アユタヤ通りにある寺院

()
no image

ラーマ5世騎馬像

ラーマ5世即位40周年を迎えた1908年にアナンタ・サマコム宮殿前の広場に建てられた像

()
no image

ワット・タープラ

チャオプラヤー川西岸のバンコクヤイ地区にある、アユタヤ後期に建てられたとされる寺院

()
フアランポーン駅

フアランポーン駅

タイ国有鉄道の主要幹線4路線の起点駅として位置づけられているバンコク最大かつ最古のターミナル駅

()
no image

アナンタ・サマーコム宮殿

当時ウィマンメーク宮殿を生活の場にしていたラーマ5世が迎賓館として使用するために1907年に建設を命じた宮殿

()
no image

スパンニガー・クルーズ

バンコクの人気タイ料理レストラン「スパンニガー・イーティング・ルーム 」が直営する、チャオプラヤー川ディナークルーズ

()
no image

アイコン・サイアム

2棟の高層コンドミニアムやショッピングモールから構成されるタイ最大級となる複合施設

()

タイ語講座

アルコール
แอลกอฮอล์ ɛɛn kɔɔ hɔɔ

祝日

ページトップへ