ワット・ラカン(ワット・ラカンコシターラーム)

ワット・ラカン(ワット・ラカンコシターラーム)

一般情報

ワット・ラカンは、歴史は古く、アユタヤ時代に創建された寺院です。
「ラカン」は、「鐘」という意味で、「鐘の寺」の愛称で知られています。
その名の通り、鐘が境内のあちこちにあります。鐘の音と共に聞こえる僧侶の読経、そして境内に漂うお線香の香りがします。
この寺院は、ラーマ1世の時代に寺院内から巨大な黄金の鐘が見つかったことで、鐘の寺と呼ばれるようになりました。
ワット・ポーやワット・プラケーオのように外国人観光客が訪れる寺院というよりも地元のタイ人が各々の願いを祈願しにやってくる、まさにローカル寺院です。
現在、発見された黄金の鐘はワット・プラケーオに移転されていますが、ラーマ1世が奉納した5つの鐘は今でも寺院内に残っています。
一つ一つの鐘を叩き、煩悩を払うといわれています。無数に揺れる小さな鐘は境内で買い求め、名前や祈願する内容を書いて、寺院へと収めます。
チャクリー王朝の初代国王、一時ラーマ1世が王として即位する前の住居でしたが、即位後、寺院に寄贈されました。
その建物は今も境内に残され、内部も見学をする事が出来ます。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

8:00〜17:00 (無休)

アクセス

BTSウォンウェンヤイ駅からタクシーで約30分。

住所 / 地図

住所

250 Arun Amarin Rd, Siri Rat, Bangkok Noi, Bangkok 10700

13.7526918, 100.4854434

Nearby attractions

no image

マハラート通り

名門タマサート大学のタープラチャン門から旧王宮まで南へぬける全長約300メートルの通り

()
no image

クイーン・シリキット・テキスタイル博物館

2012年にオープンしたタイ王宮内にある博物館

()
no image

ワット・マハータート(ワット・マハータートユワラートランサリット)

アユタヤ王朝時代に建てられた、バンコク・プラナコーン区にある仏教寺院

()
no image

シリラート医学博物館

タイ王室と縁が深く、100年以上の歴史を持つシリラート病院の中にある博物館

()
no image

王宮

バンコクの一つの有名な観光スポット

()
no image

ワット・マハータートユワラートランサリット

アユタヤ王朝時代に建てられた、バンコク・プラナコーン区にある仏教寺院

()
ワット・プラケオ(エメラルド寺院)

ワット・プラケオ(エメラルド寺院)

1782年、ラーマ1世が現在の王朝であるチャクリー王朝を開いたときに護国寺として建てた、タイで最も格式の高い王室寺院

()
no image

タイ王室紋章・貨幣博物館

王宮観光に来た外国人団体客がよく訪れているユニークな博物館

()
no image

バンコク国立博物館

かつての副王宮と増築された建物から成るタイ国最大の博物館

()
no image

サーン・ラック・ムアン (バンコク都の柱神社)

王宮前広場の向かいにある、バンコク都の守護神を祭るための柱

()
no image

サナーム・ルアン(王宮前広場)

国王や王族関係者の葬儀や誕生日などが行われる広場

()
no image

王室御座船博物館

8隻の王室御座船が展示されている博物館

()
タイ語講座
会社員
พนักงานบริษัท pʰá nák ŋaan bɔɔ ri sàt
祝日
ページトップへ