ラタナコーシン島(バンコク旧市街地)

ラタナコーシン島(バンコク旧市街地)

一般情報

ラタナコーシン島は、バンコクが誕生した1782年ごろから形成された街で、北─西─南はチャオプラヤー川、東はローブクルン堀で区切られたエリアです。
面積およそ4.1平方キロメートルの中心には、旧王宮と王宮寺院のワット・プラケオのほか、タイ古式マッサージの総本山として知られるワット・ポー、国立博物館など有名な観光スポットが点在しています。
またそれらの周辺には、プラスメン砦や長屋を活かしたおしゃれなデザイナースショップなどが急増中のプラアーティット通り、バックパッカーの拠点として知られるカオサン通り、屋台や民家が密集するプラマハタート通り、仏具の卸売りの街として昔から有名なサオチンチャー地区、官庁街のラチャダムナーン通りなどなど特徴あるスポットが目白押し。
またいったん表通りから路地に入っていけば、代々そこに暮らしてきた人々の生活をいまでもかいま見ることができます。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

24時間

アクセス

エクスプレスボートで「Ta Tein Pier」または「Ta Chang Pier」

住所 / 地図

住所

Wat Ratchabophit, Phra Nakhon, Bangkok 10200

13.75, 100.5

Nearby attractions

no image

ワット・スタット

9世紀の初めラーマ1世の時代に建立された寺院

()
ジャイアントスウィング

ジャイアントスウィング

ワット・スタットの目の前にある高さ21.15メートルの2つのそびえ立つ赤い柱

()
no image

テーワスターン

王都建設の慣例に従いラーマ1世の命によって造られたバラモン教の寺院

()
no image

ワット・ラチャボピット

1869年にラーマ5世により建立された王室寺院

()
no image

ロマニーナート公園

ジャイアントスイングとワット・スタットの近くに位置する旧監獄跡の公園

()
no image

サラ・チャレームクルン・シアター

バンコク建都150周年を記念してラーマ7世からタイの人々への贈り物として建てられた劇場

()
no image

サーン・チョオポー・スア(玄天上帝廟)

もっとも信仰心を集める道教寺院の一つ

()
no image

ワット・ラチャプラディット

1864年にラーマ4世の発願により建立された王室第一級寺院

()
no image

ワット・テープティダラーム

1839年ラーマ3の命により1839年に建立された第3級王室寺院

()
no image

サーン・ラック・ムアン (バンコク都の柱神社)

王宮前広場の向かいにある、バンコク都の守護神を祭るための柱

()
ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

()
no image

アセアン・カルチャー・センター

名前の通りアセアン加盟国の文化についての情報が展示されている博物館

()
タイ語講座
ドリアン
ทุเรียน tʰu rian
祝日
ページトップへ