ワット・ボウォーンニウェート

ワット・ボウォーンニウェート

一般情報

ワット・ボウォーンニウェートは、1826年にラーマ3世の時代に建立された寺院で、後のラーマ4世がおこしたタマユットニカーイ派の総本山で、タイの中でも最も戒律を厳格に守ることで知られている寺院です。
そもそも「ボウォーン」とは、寺院を建立したラーマ3世の副王の役職を指す言葉で、王に即位する王子が出家修行する寺院です。
実際、ラーマ5世から現国王のラーマ9世まで、歴代王もここで出家修行されました。
現在は200名ほどが敷地内の宿舎で寝起きし、修行に励んでいます。
本堂には、古代チェンセーン王朝から受け継がれた黄金の仏像が祀られるほか、正面にある「プラトゥー・シアウカーン」と呼ばれる門の彫刻や、歴代王が出家修行中のお住まいの宮殿などが見どころとなっています。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

6:00〜18:30 (無休)

アクセス

カオサン通り東詰めを北に向かって約120m。

住所 / 地図

住所

248 Phra Sumen Rd, Wat Bowon Niwet, Phra Nakhon, Bangkok 10200

13.760275, 100.499871

Nearby attractions

no image

ワット・ボウォーンニウェート

1826年に建立され、後のラーマ4世がおこしたタマユットニカーイ派の総本山

()
no image

バンコク都立図書館

2017年4月、民主記念塔近くにオープンしたバンコクの都立図書館

()
カオサン通り

カオサン通り

アジアを旅するバックパッカーの拠点として世界的に知られているバンコク市内のエリア

()
民主記念塔

民主記念塔

1932年6月24日、シャム王国時代の絶対王政から立憲君主制に導いたシャム・クーデターを記念して、1940年に建設さた記念塔

()
no image

ワット・チャナソンクラーム

アユタヤ時代からある歴史ある、参拝すると困難に打ち勝つ事ができると言われている寺院

()
no image

アセアン・カルチャー・センター

名前の通りアセアン加盟国の文化についての情報が展示されている博物館

()
no image

ワット・サームプラヤー

バンコクの下町エリア、サムセン通りにある王室の認定を受けた第3級王室寺院

()
no image

ワット・サームプラヤー

バンコク王朝初期に「バンクンプロム寺」の名で、モーン族出身の官僚・トゥルットが病で殉職した弟・サートを記念して建立...

()
ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

()
no image

サンティチャイプラカーン公園

カオサン通りのすぐ近くにある小さな公園

()
no image

クイーンズギャラリー

アーティストの卵や無名の画家に焦点を当てた次世代アートを展示する美術館

()
ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

()
タイ語講座
スポーツ
กีฬา gii-laa
私の趣味はスポーツをすることです。
งานอดิเรกของฉันคือการเล่นกีฬา ngarn-adi-rake-khong-shan-kue-garn-len-gii-laa
祝日
ページトップへ