ワット・ボウォーンニウェート

ワット・ボウォーンニウェート

一般情報

ワット・ボウォーンニウェートは、1826年にラーマ3世の時代に建立された寺院で、後のラーマ4世がおこしたタマユットニカーイ派の総本山で、タイの中でも最も戒律を厳格に守ることで知られている寺院です。
そもそも「ボウォーン」とは、寺院を建立したラーマ3世の副王の役職を指す言葉で、王に即位する王子が出家修行する寺院です。
実際、ラーマ5世から現国王のラーマ9世まで、歴代王もここで出家修行されました。
現在は200名ほどが敷地内の宿舎で寝起きし、修行に励んでいます。
本堂には、古代チェンセーン王朝から受け継がれた黄金の仏像が祀られるほか、正面にある「プラトゥー・シアウカーン」と呼ばれる門の彫刻や、歴代王が出家修行中のお住まいの宮殿などが見どころとなっています。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

6:00〜18:30 (無休)

アクセス

カオサン通り東詰めを北に向かって約120m。

住所 / 地図
住所

248 Phra Sumen Rd, Wat Bowon Niwet, Phra Nakhon, Bangkok 10200

13.760275, 100.499871

Nearby attractions

no image
バンコク都立図書館

2017年4月、民主記念塔近くにオープンしたバンコクの都立図書館

カオサン通り
カオサン通り

アジアを旅するバックパッカーの拠点として世界的に知られているバンコク市内のエリア

no image
ワット・チャナソンクラーム

ワット・チャナソンクラーム

no image
ワット・サームプラヤー

バンコクの下町エリア、サムセン通りにある王室の認定を受けた第3級王室寺院

no image
サンティチャイプラカーン公園

カオサン通りのすぐ近くにある小さな公園

ワット・ラチャナダラム
ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

no image
サーン・チョオポー・スア(玄天上帝廟)

もっとも信仰心を集める道教寺院の一つ

no image
ワット・インドラウィハーン

1752年に建立されたと伝えられる古くからある寺院

タイ語講座
น้ำ náam
祝日
ページトップへ