ワット・プラ・シー・イリヤボット

ワット・プラ・シー・イリヤボット

一般情報

ワット・プラ・シー・イリヤボットは、大きな台座の上に建つ、15~16世紀に作られた寺院です。
シーイリヤーボットとは、歩く、座る、寝る、立つの4つの姿を意味するタイ語で、かつて仏堂内に遊行仏・涅槃仏・座仏・立像が背中合わせに4体安置されていました。
現在、原型を保っているのは立像のみです。
正面にはライオンの像と門があり、内側には、座った大きな仏陀の像、後ろ側には柱のあるホール(Mandapa)があり、ホール内には4つの動きを表す仏像(立っている仏像、歩いている仏像、座っている仏像、横たわっている仏像)があります。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

100バーツ

利用時間

09:30~16:00

アクセス

カンペーンペット市内から車で約8分 (3km) 

住所 / 地図
住所

Nong Pling, Mueang Kamphaeng Phet District, Kamphaeng Phet 62000

16.50130009999999, 99.5146973

Nearby attractions

no image
ワット・チャーンロープ

アランニック地区の一番高い場所に位置する寺院

no image
カンペーンペット歴史公園

スコータイ歴史公園やシーサッチャナライ歴史公園と比べて、要塞的な印象の歴史公園

no image
プラルアン温泉

カンペーンペット郊外にある健康とリラクゼーションのための観光地

タイ語講座
パッタイ
ผัดไทย phàt tai
祝日
ページトップへ