ワット・チャーンロープ

ワット・チャーンロープ

一般情報

ワット・チャーンロープは、アランニック地区の一番高い場所に位置する寺院です。
この寺院はスコータイ様式のチェディを持つ比較的大きな寺院の跡で、スコータイ後期か初期のアユタヤー時代に造られた様です。
「象に囲まれた寺」と言う名前に意味を持つこの寺院は、文字通り68頭もの聖なる象の像に支えられた正方形の台座ですが、現在ほとんどの象の像は欠けてしまっています。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間

利用料金

100バーツ

利用時間

08:30~16:30

アクセス

カンペーンペット市内から車で約10分 (4km)

住所 / 地図

住所

Nong Pling, Mueang Kamphaeng Phet District, Kamphaeng Phet 62000

16.502953, 99.50969099999999

Nearby attractions

no image

ワット・プラ・シー・イリヤボット

大きな台座の上に建つ、15~16世紀に作られた寺院

()
no image

カンペーンペット歴史公園

スコータイ歴史公園やシーサッチャナライ歴史公園と比べて、要塞的な印象の歴史公園

()
no image

プラルアン温泉

カンペーンペット郊外にある健康とリラクゼーションのための観光地

()
no image

チョーンイェン

タイ北部カンペーンペット県メーウォン国立公園内にあるチョーンイェンは美しい峠

()
no image

ライス・キャッスル

100万本以上のもち米の稲穂で作られた巨大なお城

()
タイ語講座
乾季
ฤดูแล้ง rue-duu-raeng
祝日
ページトップへ