ワット・ワンカム

ワット・ワンカム

一般情報

ワット・ワンカムは、カラシン県カオウォン郡にあるラーンサーンの建築様式が美しい寺院です。
1996年に建立された当初は小さなサーラー(休憩所)や修行者のための施設しかありませんでしたが、少しずつ敷地が拡大され、現在の本堂も建てられました。
本堂は、ラオス北部に位置する世界遺産の古都ルアンパバーンにある、ラーンサーン王朝時代に建立された寺院、ワット・シェントーンに影響を受けた地面近くまで伸びる幾層にも重なる屋根が特徴的です。
なお、女性は本堂内部に立ち入ることができません。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

08:00~18:00

アクセス

カラシン市内中心部から車で約1時間半

住所 / 地図

住所

Song Plueai, Khao Wong District, Kalasin 46160

16.650043, 104.1567803

Nearby attractions

no image

プ一フェーク森林公園(恐竜の足跡)

大型肉食恐竜の足跡が7つ見つかっており、そのうちの4つをはっきりと見ることができる有名な森林公園

()
no image

プー・クムカオ恐竜発掘博物館

タイで最大規模の恐竜化石が集中する場所

()
no image

シリントーン博物館

東南アジアで最大かつ最も展示内容の充実した自然博物館

()
no image

プラ・タート・ヤークー

ドヴァーラヴァティー時代に建てられた仏塔

()
タイ語講座
食べる
กิน gin
ご飯を食べる
กินข้าว gin-kao
祝日
ページトップへ