サーン・チョオポー・スア(玄天上帝廟)

サーン・チョオポー・スア(玄天上帝廟)

一般情報

サーン・チョオポー・スアは、福建省の潮州地方からバンコクへ移民してきた中国系住民の間で、もっとも信仰心を集める道教寺院の一つです。
旧正月になると各地から参拝者が長蛇をつくってお参りに訪れるほどの人気ぶりです。
建設当初の1834年には、バムルンムアン通り沿いにありましたが、道路拡張整備で現在の場所に移転されました。
玄天上帝を祀り、「サーン・チョオポー・スウッ」という通称で親しまれています。
地元のタイ人の間では、周辺にいたとされる虎(スウッ)の霊も祀られていると信じられ、入り口や境内に虎の像が置かれています。
18本の線香と赤いロウソク1組を順番に従ってお供えすると、出世が早くなるご利益があると言われています。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

07:00~17:00

アクセス

サオ・チンチャーから徒歩数分。

住所 / 地図
住所

468 Tanao Rd., Phra Nakhon, Bangkok 10200

13.7538397, 100.4983931

Nearby attractions

no image
ワット・スタット

9世紀の初めラーマ1世の時代に建立された寺院

no image
ワット・ラチャボピット

1869年にラーマ5世により建立された王室寺院

カオサン通り
カオサン通り

アジアを旅するバックパッカーの拠点として世界的に知られているバンコク市内のエリア

no image
サラ・チャレームクルン・シアター

バンコク建都150周年を記念してラーマ7世からタイの人々への贈り物として建てられた劇場

no image
クイーン・シリキット・テキスタイル博物館

2012年にオープンしたタイ王宮内にある博物館

no image
バンコク国立博物館

かつての副王宮と増築された建物から成るタイ国最大の博物館

no image
王宮

バンコクの一つの有名な観光スポット

no image
ワット・ポー

バンコクの寺院の中で最大の敷地面積を保有している寺院

タイ語講座
ฤดูหนาว rue-duu-naao
冬休み
วันหยุดฤดูหนาว wan-yud-rue-duu-naao
祝日
ページトップへ