ワット・インドラウィハーン

ワット・インドラウィハーン

一般情報

ワット・インドラウィハーンは、1752年に建立されたと伝えられる古くからある寺院です。
当初は、「ワット・ライピリック」と呼ばれていたが、後にトンブリ王(1767~1782年)がラオスからインタウォン王子を人質として連行して周辺に住まわせたことをきっかけに、王子が修復を施して現在の名がついたとされています。
高僧ル「アンポー・トー」の名で親しまれている黄金大仏立像が目印です。
40メートルもある世界一高い大仏立像といわれ、完成まで60年間も要したそうです。
太平洋戦争中に幾度も像の真ん前に爆弾を落とされたものの、すべてが不発に終わったとの言い伝えがあり、地元の人を中心に多くの参拝者で賑わっています。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

06:00~18:00

アクセス

BTSサパーン・タークシン駅からサートーン船着場へ。
チャオプラヤー・エクスプレスにて「N15 テウェート」で下船。

住所 / 地図

住所

144 Wisutkasat Rd., Bang Khun Phrom, Phra Nakhon, Bangkok 10200

13.7666595, 100.5029667

Nearby attractions

no image

ワット・サームプラヤー

バンコクの下町エリア、サムセン通りにある王室の認定を受けた第3級王室寺院

()
no image

ワット・サームプラヤー

バンコク王朝初期に「バンクンプロム寺」の名で、モーン族出身の官僚・トゥルットが病で殉職した弟・サートを記念して建立...

()
no image

バンク・オブ・タイランド・ラーニングセンター

タイ銀行設立75年を記念して建てられたラーニングセンター

()
no image

バンク・オブ・タイランド・ラーニングセンター

タイ銀行設立75年を記念して建てられたラーニングセンター

()
no image

ラーマ8世橋

ラタナコシン島からトンブリーへの交通渋滞を緩和するための王室プロジェクトとして建てられた橋

()
no image

ワット・ボウォーンニウェート

1826年にラーマ3世の時代に建立された寺院で、後のラーマ4世がおこしたタマユットニカーイ派の総本山で、タイの中でも最も...

()
no image

ワット・ボウォーンニウェート

1826年に建立され、後のラーマ4世がおこしたタマユットニカーイ派の総本山

()
no image

サンティチャイプラカーン公園

カオサン通りのすぐ近くにある小さな公園

()
no image

ラチャダムヌーン・スタジアム

ムエタイおよびボクシング専用の競技施設

()
no image

ラーマ5世騎馬像

ラーマ5世即位40周年を迎えた1908年にアナンタ・サマコム宮殿前の広場に建てられた像

()
no image

ワット・ソーマナット・ラーチャウォラウィハーン

ラーチャダムヌーン・ノーク通りとナコンサワン通りの間にある第2級王室寺院

()
no image

ワット・チャナソンクラーム

アユタヤ時代からある歴史ある、参拝すると困難に打ち勝つ事ができると言われている寺院

()
タイ語講座
観光センター
ศูนย์บริการนักท่องเที่ยว スーン ボリガーン ナック トンティオ
祝日
ページトップへ