ワット・ニマンロディー

ワット・ニマンロディー

一般情報

ワット・ニマンロディーは、バンコクのパーシーチャルーン区のパーシーチャルーン運河沿いにある寺院です。
​ラタナコーシン王朝の初期に建てられ、当初はワット・バンケーと呼ばれていました。
ラーマ5世の治世に大規模な修復工事が行われた際、出資者とその妻の名前を取り、第5の天国の名前でもある「ワット・ニマンロディー」と新たに名付けられました。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

08:00~17:00

アクセス

MRTバンケー駅から徒歩10分

住所 / 地図
住所

845 Sukhaphiban 1 Road, Bang Wa, Phasi Charoen, Bangkok 10160

13.7076302, 100.4270316

Nearby attractions

no image
バーン・シラピン(アーティスト・ハウス)

古き良き時代のタイを感じられるアートギャラリー

no image
ワット・アルン

三島由紀夫の小説「暁の寺」に描かれた寺院

no image
サパーンプット市場

毎日地元のタイ人で賑わうローカル市場

no image
タリンチャン水上マーケット

ローカル色豊かな水上マーケット

no image
ワット・ポー

バンコクの寺院の中で最大の敷地面積を保有している寺院

no image
王宮

バンコクの一つの有名な観光スポット

no image
クイーン・シリキット・テキスタイル博物館

2012年にオープンしたタイ王宮内にある博物館

no image
シリラート医学博物館

タイ王室と縁が深く、100年以上の歴史を持つシリラート病院の中にある博物館

タイ語講座
カオマンガイ
ข้าวมันไก่ khao-man-kai
祝日
ページトップへ