ワット・パープラドゥー

ワット・パープラドゥー

一般情報

ワット・パープラドゥーは、タイ東部のラヨーン県にある第三級の王室寺院です。
タイでは極めて珍しい、左側を下にして横たわる全長11.95m 高さ3.6mの涅槃仏が安置されています。
寺院はアユタヤ王朝時代に建てられたとされ、元々は「ワット・パーレーライ」の名で知られていました。
その後、1990年に王室寺院に格上げされました。
敷地内にはパーリライ仏が安置される仏堂や、1906年に建てられたとされるラッタナコーシン建築様式の旧本堂など著名な仏教建造物があります。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

08:00~17:00

アクセス

ラヨーン市内から車で約40分 (約20km)

住所 / 地図
住所

Tambon Tha Pradu, Amphoe Mueang Rayong, Rayong 21000

12.6824532, 101.2796986

Nearby attractions

no image
タークシン大王廊

トンブリー王朝を開いたタークシン大王を記念して建てられたもの

no image
レーム・チャルーン・ビーチ

ラヨーン市内から約5km車で約10分に位置するタイ人に人気のビーチ

no image
ワット・カオ・プラ・プッタバート・バンサイ

パタヤビーチの南の小高い丘の上にある寺院

no image
メー・ランプーン・ビーチ

ラノーン県にある国内でも指折りの美しいビーチの一つ

no image
スパットラ・ランド

ラヨーン市内から約20kmのところにある観光果樹園

no image
ラヨーン水族館

バンペー湾近くに位置する海洋動物や水生植物の研究・実験も行っている水族館

タイ語講座
聞く
ฟัง, ถาม fhung, tham
音楽を聞く
ฟังเพลง fhung-prueng
祝日
ページトップへ