プーケット・タイファー・ミュージアム

プーケット・タイファー・ミュージアム

一般情報

プーケット・タイファー・ミュージアムは、1934年に建てられ、2001年まで中国語の学校として使われていた建物をリニューアルしてつくられた、プーケットのチャイニーズカルチャーを紹介する博物館です。
福建省からプーケットへ渡った中国人移民と錫採掘の歴史、食文化などが写真パネルで紹介されています。
建物の正面の屋根には、中国では吉祥の縁起物と信じられる赤いコウモリの像が、これは同時に「学問こそ最高の吉祥だ」という子供たちへのメッセージなのだそうです。
オールドタウンではまずココを訪れて、少しその歴史と文化を知ってから回ると、きっと街並みの見え方が違ってきます。

利用料金 / 利用時間
利用料金

200バーツ

利用時間

09:00~17:00

アクセス

プーケットタウン中心地から徒歩すぐ

住所 / 地図
住所

28 Krabi, Tambon Talat Nuea, Mueang Phuket District, Phuket 83000

7.885009299999998, 98.3866723

Nearby attractions

no image
プーケット・オールドタウン

中国とインドの貿易の拠点として栄えた時代に、移民の交わりによって育まれた独自の文化が残る街

no image
プーケット・ウォーキングストリート

タラーン通りで開催されるナイトマーケット

no image
シンパチャーハウス

100年以上もの歴史があり、プーケットに移住してきた華僑の邸宅で現在も住居として使用されている2階の建物

no image
プッジョー寺院

プーケットの人々の心の拠り所となっている中国系の寺院

no image
カオラン (ラン・ヒル・ビューポイント)

プーケットタウンの北西に位置する小高い丘にあるビューポイント

no image
アクアリア・プーケット

プーケットにあるタイ最大級の水族館

no image
オーキッドファームとタイビレッジ

文化愛好家にとって素晴らしい場所

no image
サパーンヒン公園

緑色の芝生が広がる公園兼スポーツセンター

タイ語講座
父 / お父さん
พ่อ pʰɔ̂ɔ
祝日
ページトップへ