北部

北部の説明

北部は、古都チェンマイを中心とする、周辺諸国の影響を受け独自の文化を育んだ地域です。 ミャンマー、ラオスと国境を接し、また山岳地帯には独特の習俗を守る山岳民族が住む多彩な文化が特徴的なエリアです。 城壁や寺院など歴史的、芸術的にも価値の高い遺跡群が公園として整備され、世界遺産に登録されています。

Your destination

no image
オーブルアン国立公園

タイ北部チェンマイ県のメーチェム郡チョムトンにある国立公園

no image
ドーイウィアンパー国立公園

エコツーリズムに向けて自然保護区である国立公園

no image
ワット・プッタハーエン

ラタナコーシン時代初期の今から200年以上前に建てられた寺院

no image
ワット・インタラーワート (ワット・トンクウェン)

1858年に建立されたタイ北部特有のランナー建築様式が見事な寺院

no image
ワット・パトゥン

チェンマイ県サンカムペーン市にある寺院

no image
ワット・ブアック・クロック・ルアン

チェンマイ県の東にあり、本殿の壁画がとても有名な寺院

no image
ワット・ウモーン・マハテラチャン

チェンマイ県ステープ通りにある寺院

no image
ワット・プアックホン

16世紀から17世紀に建立されたと言われている寺院

no image
ワット・プラタート・ドイカム

チェンマイ市街地中心部から南西方向に15km離れたカム山に建つ寺院

no image
ワット・コンカン

チェンマイ県メーチャーム渓谷の田舎道にある寺院

no image
ワット・パーパオ

チェンマイ市内の中心にある、400年以上前にシャン族によって発見された寺院

no image
ワット・セーンファン

チェンマイ城壁のターペー門から東に約600mへ行ったところにある寺院

タイ語講座
太鼓(たいこ)
กลอง glong
太鼓を叩く
ตีกลอง tii-glong
祝日
ページトップへ